富士通のディスプレイ一体型パソコンFMV ESPRIMO FHシリーズを買いました。

レビュー
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1. 買ったパソコンとその理由

購入パソコンは富士通 デスクトップパソコン FMV ESPRIMO FHシリーズ WF1/C2 (Windows 10 Home/23.8型ワイド液晶です。

それまで、Dellのノートパソコンを使っていました。

数年使えて、ブランドメーカーでもなく、dellのパソコンはネットで安価に購入でき気に入っていましたが、バッテリが完全にダメになってしまいました。

DellのノートパソコンはCore i5だったのですが、pythonを使って、機械学習のプログラムを動かしていたので、ファンの音が段々と激しくなり、パソコンの下に保冷剤を置いて、交換しながら、使っていましたが、一部、キーも使えなくなり、立ち上り状態も不安定になり、購入を決めました。

2. パソコン選択方法

CPU負荷をかけたかった(個人勉強程度のシミュレーションも行いたかった)、これまでは手軽で使いやすいから、ずっと、ノートパソコンを使っていました。

今回、大き目のディスプレイを使ってみたい。

ノートパソコンのコンパクト化に伴って、技術が進み、薄型になってきたのは良いが、熱が外に逃げにくいのではないかと考えたからです。

スペック要望はCore i7、SSDハードディスク、メモリ16GB、officeありでした。

メーカーは高級ブランドではなく、低級でもなく、妥当な金額のパソコンが買えること、中古ではなく新品であることでした。

まだ、高負荷をかけない、100V電源を使用する条件であれば、Dellのノートパソコンはまだ使えることから、デスクトップ型で選ぶことを決めました。

3.あなたのパソコン業者の選び方。

Amazonで、購入するつもりだったので、パソコン検索してみたところ、メーカーで挙がってくるのはHp, Dellなどが多く、値段は手ごろですが、デスクトップではよさそうなものが見当たらず。

値段、メータ、スペック要望に丁度、ぴたりと合致したのが富士通製のパソコンでした。

実際に購入したパソコンモデルは

富士通 デスクトップパソコン FMV ESPRIMO FHシリーズ WF1/C2 (Windows 10 Home

23.8型ワイド液晶/Core i7/16GBメモリ/約256GB SSD + 約1TB HDD

スーパーマルチドライブ/Office Home and Business 2016/ホワイト)AZ_WF1C2_Z770/富士通WEB MART専用モデル
です。

4. 選んでよかったこと

画面が大きく使いやすいです。

付属キーボード、マウスはワイヤレスで、コンパクトでデザインもよい。

キーボード、マウスの本体との通信認識は非常に速いです。

Amazonの口コミは2件でしたが、良い内容でした。

購入値段17万円台なので、上記のスペックでこの値段は非常に妥当と思いました。

使い心地には何の問題もないので、選んでよかったと思います。
使用感は、本当に、良いです。
非常に満足です。

23.8型ワイドは迫力があり、最初はちょっと大きかったかなと思いましたが、ワードとWebという様に、複数のものを並列に並べて作業するにはちょうど良いです。

5. ちょっと不満な点

ワイヤレスキーボードの電池が単4を2本使います。
On/offキーがあるものの、offするのを忘れてしまうことがあります。

自動的に時間が経過すると、offになってくれるようですが、電池の消耗が激しいです。
こんなに消耗が激しいとは思いませんでした。

富士通製付属マウスは、どうも、クリック音がカチカチと気になります。
その為に、有線キーボード(ロジクール製)、有線マウス(バッファロー製)を使用しています。
添付画像は、上の理由から、別購入のキーボードとマウスが写っています。

当サイトに、風林火山さん(男性52歳)より2019年3月12日投稿いただいたレビューです。

 

スポンサーリンク
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

厳選おすすめ「ブランド10」パソコン完全ガイド

パソコンは近い将来、スマートフォンやタブレットに取って代わられる。

などと耳にするようになりましたが、いくら便利になっても全てがスマートフォンやタブレットには変わらないと、てるマウスは考えます。

先日、雑誌でタブレット3枚を並べてキーボードを叩いている女性を見かけました。

しかし、それってパソコンならもっと簡単に作業が捗ると感じました。

使用用途で最適なモノを選ぶ方が良いですよね!

この記事では、パソコンといっても種類がたくさんあり、「どれを買えばいいかわからない」と感じている方向けにいろいろなメーカーをまとめてみましたので参考にしてください。

【富士通】ソフト、スペックも充実

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NECと双璧の国内パソコンメーカー
手厚いサポート(有料)
初心者でも安心
ノートPCはLIFEBOOKで統一(幅広いラインナップ)
Web直販での一部カスタマイズも可能
ボディやパーツは国内設計、製造
全体の信頼性は高い

詳しい内容は↓↓こちら↓↓にご紹介しています。

【VAIO】シンプルでスタイリッシュなデザイン

ソニーから別れたブランド
低価格から高性能まで幅広いラインナップ
ソニー時代からの優れたデザイン
型落ちでも安くならない場合もあり

詳しい内容は↓↓こちら↓↓にご紹介しています。

【東芝】使い勝手がよく10万円切るモデルも

比較的に価格が安い
ノートPCはDYNABOOKで30年以上のロングセラーで人気
直販サイトのアウトレットは狙い目
シャープが東芝を買収したニュース
(現状直販サイトでは変化なし)

詳しい内容は↓↓こちら↓↓にご紹介しています。

【NEC】ビジネスに使えるノートPCが8万円以下

人気の高いパソコン
LAVIEシリーズが人気
サポートが充実(無料)
軽量、薄型のPCも人気

詳しい内容は↓↓こちら↓↓にご紹介しています。

【DELL】使い勝手もスペックも申し分ない

以前は直販サイトでしか買えなかったが最近では家電量販店でも見かける
メーカー直販なのでカスタマイズも自由
Web直販で期間限定セールがあるのでこまめにチェック
個人的には法人向けのイメージのあるパソコン

詳しい内容は↓↓こちら↓↓にご紹介しています。

【ASUS】手を出しやすい価格が嬉しい

スマートフォンでもおなじみのメーカー
国内メーカーにはない低価格帯
台湾メーカーなのでサポートが弱点(初心者にはネック?)

詳しい内容は↓↓こちら↓↓にご紹介しています。

【レノボLenovo】ThinkPadで有名

パソコン出荷台数が世界最大
ビジネスマン向けのThinkPadは有名
比較的に安い価格帯
香港メーカーだがIBMの伝統を受け継いでいる
型落ちモデルだと大幅割引がある場合も

詳しい内容は↓↓こちら↓↓にご紹介しています。

【Microsoft】誰もが知る大手ブランド

Windowsを開発していることで知られるMicrosoft
パソコンよりもシステムメーカーのイメージが強い
スタイリッシュで薄型のSurfaceシリーズも人気
Web直販ではキャンペーンなども充実

詳しい内容は↓↓こちら↓↓にご紹介しています。

【HP】海外のBTOブランド

世界でも多くのシェアを持っている
海外メーカーだが日本国内で生産されていて安心
エントリーからハイエンド、ゲーミングと幅広いラインナップ
海外ブランドでも日本法人が運営しているのでサポートも安心

詳しい内容は↓↓こちら↓↓にご紹介しています。

【マウスコンピューター】パソコン市場で勢力を伸ばす国産BTO

店頭販売のコストが少ないため低価格で買える
低価格でもハイスペックなPCが手に入る
利点は予算に合わせてカスタマイズ
家電量販店に並んでいる決められたスペックを選ぶ必要なし
電話サポートもあり安心

詳しい内容は↓↓こちら↓↓にご紹介しています。

まとめ

自分に合った最適なノートパソコンが見つかりましたか?

ノートパソコンを買った後、どのようにして使うか、よく考えてノートパソコンを選びましょう。

これから、もしかしたらこんな風に使うかもしれないと思うのであれば、それが出来るようなスペックのノートパソコンを選んでおいた方がいいと思います。

たくさんのメーカーがある中、お気に入りの1台に出会えるといいですね。

レビュー
てるマウスをフォローする
てるマウス